FC2ブログ

2019-08

釧路~帯広間の普通指定席グリーン券(根室線臨時快速)

一連の台風被害により、スーパーおおぞら、スーパーとかちが運休となっていましたが、9月8日より以下の通り運転を再開しました。
札幌~トマム 臨時特急(普通車全車自由席、グリーン車指定席)
トマム~帯広 代行バス
帯広~釧路 臨時快速(普通車全車自由席、グリーン車指定席)

この臨時快速に係るグリーン券がこちらです。
20160908-01.jpg
28年9月8日 9310D
釧路運輸車両所12発行の車内補充券
運行初日の上り3本目、最終列車です。

150㎞以内Bグリーン券の1670円です。
イレギュラーな列車ですが、フォーマット自体は定期列車の車内で指定券や特急券を購入するときと同様です。
ただ、道内でBグリーンということ、列車名がないということが特筆される点でしょうか。
と書きましたが、列車名は通常の指定券等でも書いてないですね…。

券面の「普通指定席グリーン券」はマリンライナーの車内補充券と同じでしょうか。特にイレギュラーというわけでも無さそうです。ご教示いただければ幸いです。
やはり1の会社ってのが一番の特徴でしょう。

プレスリリースによると発売は車内のみとのことです。したがって必然的に車掌さんの車発機で車内補充券ということになります。
列車名ないですからね。


参考
JR北海道 『根室線 橋りょう流出・路盤流出に伴う臨時列車・代行バスの運行について』
http://www.jrhokkaido.co.jp/press/2016/160907-1.pdf
スポンサーサイト



「ぶらりサッポロ観光バス」1日乗り放題券(ジェイ・アール北海道バス)

20141029-01.jpg
20141029-02.jpg

ジェイ・アール北海道バスが運行する「ぶらりサッポロ観光バス」及び一部一般路線に乗れる乗車券です。
地紋はJHBではなく「Burari Sapporo」の文字列となっています。
バス車内で購入しました。日付印は乗務員が携行していました。

柄はボンネットバスですが、この日のバスは円山動物園ラッピング車。
始発で立つほど人が乗っていたので、5型のバスで正解です。というかラッピング登場してからボンネット型は見てないですねえ・・・。走った日あるんでしょうか。

小樽一日フリーバスセット券

北海道中央バスでは様々なバスセット券を発売しています。
標題のきっぷはその中の一つで高速おたる号に関係するものです。
札幌~小樽の往復と小樽市内均一区間内の1日乗車券がセットになっています。
1日乗車券は引き換え券ではなくそのまま乗車できます。

20140930-01.jpg
20140930-02.jpg
20140930-03.jpg
きっぷは往路券、1日乗車券、復路券の3枚つづり。1日乗車券の日付部分が目立ちます。
札幌駅前ターミナル発行の端末券です。中央バスの端末券はこのような形になっています。
地紋は常備券と同じようにHCBに社章付きですが色は地味です。なお裏は真っ白です。
ホチキスで止められていてミシン目でもいで使うようになっていました。

さてこのきっぷ1,700円ですが、通常の往復割引券1,140円に1日乗車券750円を足すと1,890円で、通常より190円お得となります。
また、往復割引1,140円に市内均一区間220円を2往復した440円を足すと1,580円で、これに120円足すだけで他の区間も乗り放題となります。
また、JRを利用した場合往復運賃1,260円に前述440円を足すと1,700円になりますので条件さえ合えばバス利用が断然お得なわけです。
私は高速バスの札幌側途中停留所から小樽側途中停留所という乗り方をしたのでJRを使うよりもかなりお得に小樽の散策が出来たかなと思います。
なお、当然ですがバス車内では買えません。札幌ターミナルか札幌駅前ターミナルの窓口で購入となります。

中国ジェイアールバス浜田駅・浜田営業所

浜田駅には中国ジェイアールバスの出札窓口もあります。
ケチって一番安い補充券を購入しましたが、広島行の常備券があるのを確認しました。
往復とかもあったんだろうか・・・。要リベンジ。

20140522-01.jpg

様式はスワロートラベル広島店で売ってる補充券と同じですね。

中国ジェイアールバス浜田駅・浜田営業所 »

おおなんバス回数券

20140515-01.jpg

おおなんバスには金額式回数券100円×11枚の1000円のものと、200円×11枚の2000円のものがあります。
おおなんバスは町内区間1乗車200円ですので普通はこの金額式だけで済みますが、公式HPなどの案内によると町外区間には区間式11枚つづりの回数券があるようですが調査不足によって買えませんでした。少なくとも矢上駅には設備がありませんでした。もしかしたら田所駅にはあったのかもしれません。
また、日付はゴム印ですが発行駅名などは書かれておりませんでした。

邑南町の町章入りで、200円券は青色、100円券は黄色です。

このあと田所から石見川本まで行ったのですがその際は運賃が400円だったので200円券を2枚投入ということになりました。

続きです
矢上駅

続きます
邑南川本線

«  | ホーム |  »

プロフィール

フライアロー

Author:フライアロー
ブログ内記事検索等は下の方にある検索窓をお使いください。
キリ番をゲットした方はコメント欄にどうぞ。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (16)
バス (60)
市電 (2)
鉄道 (10)
イスマート先生 (1)
軍事 (3)
雪まつり (4)
切符 (26)
アニメ (4)
郵便 (8)
道路 (2)
酒 (2)
音楽 (5)

アクセスカウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR